弁護士法人FAS淀屋橋総合法律事務所

所属弁護士プロフィール

◎弁護士 松森 美穂(まつもり・みほ)


●経歴・現職●
大阪府立大手前高校、立命館大学土木工学科 卒業
民間企業勤務
立命館大学法科大学院 未修コース 卒業
日本司法支援センター常勤弁護士勤務を経て現事務所
大阪弁護士会 国際委員会 知的財産委員会 所属

●関心のある分野●
行政事件
医療事件
労働事件
刑事事件
環境問題
国際人権問題
女性の人権
自死遺族支援
国際取引
知的財産

●これまでに関わった主な事件●
行政事件
・降格処分取消訴訟
・退去強制令書発布取消訴訟
・国家賠償請求訴訟
・温泉掘削不許可処分取消訴訟
・労災保険給付不支給決定に対する不服申立て
・行政文書不開示決定に対する不服申立て
医療事件
・肺がんを肺炎と誤診された事例
・脂肪吸引に関する医療過誤の事例
民事事件
・一般民事
・交通事故
・離婚事件
・遺産分割等
労働事件
・不当解雇事案
・時間外手当請求事件
・労災申請等
倒産事件
・個人、法人の破産申立
刑事事件
・一般刑事事件(覚醒剤、窃盗、交通事犯、入管法違反等)
・裁判員裁判(強制わいせつ致傷、強盗致傷、放火、傷害致死が一部無罪 となった事例等)

少年事件
犯罪被害者支援
●ひとこと●
理系の学部を卒業後、一般企業に就職し、法律とは縁のない経歴を歩んできましたが、社会の理不尽に物申すための武器として法曹資格がほしいと、突然、思い立ち、法科大学院へ進学しました。
法科大学院卒業後は、日本司法支援センターの常勤弁護士として資力のない方の家事事件、破産事件、労働事件、刑事事件などを主に取り扱いながら、行政事件や医療事件に携わってきました。
最近は、理工学的な専門分野が関わる事件や、国際的な分野にも、関心があります。
今後は、今までの経験を活かしながら、時代のニースに応じて新しい分野にも挑戦し、依頼者の皆様のお役に立ちたいと考えています。